ほうれん草から抽出されたチラコイドを主な成分としているチラリッカは、最近無理しないダイエット法として注目されています。

そこで、妊娠中の女性や、授乳中でもチラリッカを飲むことが出来たらいいなと感じている女性も多いようですね。

でも、副作用や母体の事を考えるとどうなんだろう?と疑問も浮かびますね。

妊婦や授乳中の人でも安心してチラリッカを飲めるのか解析してみましょう。

我慢しないダイエット法のチラリッカなら、妊娠中の女性にも授乳中のママにもきっと優しいはずです。

 

⇒先にチラリッカを見に行く

チラリッカは妊婦や授乳中でも大丈夫!

チラリッカの成分は天然由来のものばかりです。

だから、妊婦が服用しても大丈夫です!

チラコイドには食欲をコントロールしたり、血糖値の上昇を防ぐ効果があると言われています。

つまりダイエットに効果があるということで、満腹ホルモンを分泌して食欲を減退させ、血糖値の上昇をゆるやかにして脂肪の溜め込みを阻止して、不要な糖分への欲求を抑制するという3つの効果が証明されています。

「ダイエット効果」が何か影響はないのかと考えますね。

お腹の赤ちゃんはたくさんの栄養を必要としているので、食欲が減るのはまずいのではないかと思うは自然な考え方です。

医薬品などで無理やり食欲を減らしてしまうのは悪影響がありますが、チラコイドの場合は天然成分なので、問題はありません。

極端に食べる量が減ったりしない限りは、多少食べる量が少なくなってもそれほど問題はないのです。

天然成分由来のチラリッカなら妊娠中でも大丈夫です。

なぜ妊婦でも安心なのか?

チラリッカは、医薬品ではなく「健康食品」のため、妊娠中に飲んでも問題ない と言えます。

また、チラリッカには108種類もの豊富な植物酵素や、たっぷりのビタミン・ミネラルが含まれている んです。

これらは妊娠中にも必要な栄養素でもあります。

チラリッカ解約1

チラリッカの安心成分

妊娠中に注意したい栄養成分は、ビタミンAとカフェインです。

特にビタミンAには注意が必要で、必要な栄養素ではあるものの、妊娠初期3ヶ月に過剰摂取してしまうと赤ちゃんの耳に奇形が起こることがあると言われています。

ビタミンAと呼ばれる成分は正確には「レチレール(脂溶性ビタミンA)」と「ベータカロテン(植物性ビタミンA)」の2種類があり、このうち動物性の「レチレール」を過剰摂取すると体内に残り、赤ちゃんへの影響が出てしまうのです。

※植物性のベータカロテンであれば、体内に蓄積されず不要な分は体外に排出されるので、心配はありません。

そのため、脂溶性・動物性のビタミンAが含まれるマルチビタミンサプリは奇形や早産のリスクがあるため、妊婦が摂るのは推奨されていません。

ではチラコイドが入ったチラリッカはどうでしょうか?

ほうれん草に含まれるビタミンAは植物性のビタミンA「ベータカロテン」のため、妊娠中に飲んでも心配はありません

またカフェインに関してもほぼ含まれていないので、妊娠中であっても何の心配もありません。

チラリッカ 成分

妊娠中でも必要な栄養を補える

チラリッカは栄養成分にも配慮しています。

1日に必要な11種類のビタミンと6種類のミネラル、食物繊維といった健康維持に必要な成分を配合しました。

ビタミンCはレモン4個分、ビタミンB1は豚肉100g分、ビタミンB2はアーモンド100粒分、ビタミンEはブルーベリー230粒分、量もたっぷり配合しています。

さらにチラリッカには108種類の植物酵素も配合されています。

普段の食生活では、不足しがちな栄養素をチラリッカで補うことが出来るのは嬉しいですね。

それと同時に食生活の改善にもつながりますので、妊娠中に必要な栄養素が健康な体を作ってくれますね。

また、ほうれん草にはシュウ酸が含まれています。

このシュウ酸は、摂取しすぎるとカルシウムの吸収を阻害するといわれているんですね。

ただし、このシュウ酸は生で食べなければあまり気にする必要はない んです。

しかも生で1kg以上の量を摂取した場合に悪影響を及ぼす可能性があると言われています。

生のほうれん草を大量に摂取することも難しいですが、チラリッカであればシュウ酸も気にしないで済みますね。

 

 

⇒妊婦でも安心なチラリッカを見に行く

 

 

授乳中でも安心!

授乳中の赤ちゃんへの悪影響については心配ないでしょう。

ママがチラコイドを飲んでいる場合、赤ちゃんへも母乳を通して微量ノチラコイドが届くことになります。

ただ、チラコイドはほうれん草由来の天然成分なので、問題はありません。

これがダメとなると、ほうれん草を食べてはいけないということになってしまいますよね。

授乳中に必要な栄養素

母乳の質を考えると、積極的にチラコイドを飲むというのもよいかもしれません。

子どもの太りやすさは3歳までに決まると言われている通り、幼少期の食事については気を使っておきたい部分です。

特に母乳はママの食生活がダイレクトに現れる部分で、ママが脂っこい食事ばかりとっていると、母乳もこってり濃いものになってしまいます。

その母乳を赤ちゃんが飲んでしまうと、脂肪細胞が溜まりやすい体質になり、将来太りやすくなるリスクがあります。

ママがチラコイドを飲んで食欲を適切に抑え、脂肪の貯め込み、糖分の欲求をコントロールすることで、栄養バランスのいい母乳を出すことも重要です。

チラリッカの特徴とは

妊娠中でも授乳中でも安心して飲むことが出来るチラリッカの特徴とは

  1. 100%ほうれん草から抽出したチラコイド
  2. 11種類のビタミンと6種のミネラル
  3. 108種類の植物酵素

この3つが大きなポイントです。

チラコイドは、間食を抑制サポートしてくれる成分なので、過剰なカロリー摂取を抑えてくれます。

妊娠中の余分な間食を抑えたいママにも最適ですね。

もちろん、妊娠中や授乳中は過度なダイエットを厳禁で、充分な栄養を摂取しなくてはなりません。

でも、空腹感を抑えられなくてつい食べ過ぎてしまうことも・・チラリッカならこんな空腹感を抑えることが出来ます。

妊娠中の体重増加も安心して防止できますね。

また、味もアップル味で飲みやすいことが特徴です。つわりなどで食欲が落ちた時にも美味しく飲めますね。

ママに嬉しいおススメのチラリッカレシピを紹介します。

バナナシェイク

  • ヨーグルト  1/3カップ
  • シリアル 1/3カップ
  • バナナ 1本
  • オレンジジュース 1カップ

バナナにはむくみ解消効果 がありますよ。

さらにお好みで豆腐や豆乳などでボリューム感をアップするのもオススメです。

そうすることで腹持ちも良くなりますよ。

どうしてもお腹の空いた時の夜食代わりにもOK!

妊娠中でついつい食べ過ぎてしまう方にオススメ のレシピです。

レモンとリンゴのスムージー

  • リンゴ 3かけ
  • セロリ 4本
  • しょうが 1かけら
  • レモン 2/1個
  • オレンジジュース 2/1カップ

リンゴやセロリ生姜は皮をむき、全部一緒にミキサーにかけましょう。

りんごには、身体の余分な水分を排出する効果のあるカリウムや食物繊維が豊富 に含まれています。

さらに、ショウガは身体を温めてくれる効果 があります。

オレンジと桃のリラックススムージー

  • もも 1/2カット
  • にんじん 1/2カット
  • オレンジジュース 1カップ
  • ショウガ ひとかけ

こちらもすべて皮をむいて全部一緒にミキサーにかけます。

ももには、有機酸も多く含まれているので疲労回復効果 があるといわれています。

また、抗酸化作用・むくみ解消効果 も期待できますね。

まとめ

チラリッカは100%天然成分由来のため、妊婦や授乳中でも安全性が高く飲んでも大丈夫です!

ママの健康状態がそのまま赤ちゃんにも影響される妊娠時期と授乳期は、とても大切な時期です。

我慢できない空腹感もストレスフリーで、不足しがちな栄養素もチラリッカで補って下さいね。

 

⇒チラリッカを見に行く